子宮頸がん検診

子宮頸がんは検診により進行がんを防ぐことができます。
目次

子宮頸がんとは

子宮頸がんは子宮下部の管状の部分(子宮頸部)に生じるがんのことで、子宮がん全体の約70%を占めています。日本国内の罹患数としては毎年約1万人、死亡数は約3000人といわれており、ここ20年ほどは患者数・死亡数・死亡率ともに増加傾向にあります。1980年代頃は50歳代頃から患者数が増加する傾向にありましたが、最近では20~30歳代での発症が増えおり、そのピークは30代後半~40代前半になっています。

早期では自覚症状はほとんどありませんが、進行するに従い、異常なおりもの、不正出血、下腹部の痛み、性行為時の出血などが現れます。

この病気のほとんどは、性的接触でヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)が子宮頸部に感染することが原因です。HPVに感染しても90%の人は免疫の力で自然に排除されます。しかし10%の人は感染した状態が長期間続くことで子宮頸部の細胞が変異を起こし(前がん状態)、数年以上の期間をかけて子宮頸がんへと進行します。

子宮頸がん検診の対象

20歳以上が対象

子宮頸がんは20歳代後半から30歳代後半でも発症しやすいため、20歳からの検診が推奨されています。がん検診は、定期的に検診を受けることで早期発見・早期治療につなげることを目的としています。
子宮頸がんは、比較的ゆっくり進行し、前がん状態から浸潤がん状態に進行するのに2~3年かかるといわれています。HPV陰性の場合は、仮に毎年受診しても、2年に1度の受診の場合と比べて、その予防効果は変わらないとされています。

子宮頸がん検診の流れ

子宮頸がん検診は次のような流れで進めていきます。

子宮頸がん検診費用

子宮頸がん検査を行っております。

実施内容

細胞診

料金

¥3,500

※記載価格は10%の税金が含まれた料金です。

まずはご相談ください。

月 - 金 9:30~12:00 / 14:30~17:00
土 9:30~12:00 / 14:30~16:00
〒136-0076 東京都江東区南砂4-2-13
TEL:03-5635-1103
MAP

tel:0356351103